品川神社といえば?
東京十社というのが私のイメージ。

そう。
東京十社のうち他の9つの神社は
参拝を済ませていたのですが、
残る一つの品川神社へはなかなか
行けずじまいで。。

でも、意を決して(笑)
行ってきましたので御朱印やどんなパワースポットなのか?
諸々の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

品川神社 御朱印

品川神社への参拝のついでにというか
最近は御朱印を集めているので、まずは
本殿への参拝を済ませて御朱印をもらいに
社務所へ。

受付時間は?
9時~17時までと書いてありました。

御朱印帳も置いてあるかな~と思ったものの、
ぱっと見た感じは置いてなかったですね。

で、品川神社の御朱印はけっこうシンプルな
感じです。

いや、それが悪いというわけでは全然なく、
神社ごとに個性が出ていて全然OKなんですが。

初穂料(料金)は300円でもらえました。

ちなみに品川神社は東海七福神の一つで、
大黒天様を担当しています。

東海七福神の限定御朱印も毎年
1月1日~15日までの期間限定でいただく
ことができますが、これはなかなか
大変ですねw

↑地元ならまだしも。

ちなみにちなみに東海七福神の内訳は?

・品川神社(大黒天)
・養願寺(布袋尊)
・一心寺(寿老人)
・荏原神社(恵比寿)
・品川寺(毘沙門天)
・天祖諏訪神社(福禄寿)
・磐井神社(弁財天)

品川神社から磐井神社まで七福神めぐりは
約4.5キロ。

磐井神社の最寄りは大森海岸駅ですから、
しながわ水族館へ寄ってみてはいかがでしょう?(笑)

品川神社 アクセス

品川神社へのアクセスは?
京急の新馬場(しんばんば)駅から
徒歩で約1分という激近の場所にあります。

品川駅からも歩いて行けないことはないのですが、
徒歩で約18分という表示がGoogleMapで。

真夏の昼間に赤ちゃん連れで品川駅から
歩くのは自殺行為!

ということでやめましたw

地図はコチラ。

住所検索する際は
東京都品川区北品川3-7-15
で出てきます。

近くには権現山公園や子供の森公園もあるので、
私のように赤ちゃん連れというか1歳半の
子どもを連れて行ってもいいのかと。

ただし、真夏の日中は止めましょう。
暑いです(;^_^A


スポンサーリンク

品川神社 ご利益

品川神社にはどんなご利益があるのでしょう?

東京十社の一つである品川神社は
「金運と起死回生のパワースポット」
として知られています。

富士登山の疑似体験ができるとされている
大きな「品川富士」や、銭洗いで金運がつく
という「一粒万倍の泉」がありますからね。

ちなみに私は予備知識なしで行ったので、
一粒万倍の泉は華麗にスルーしてしまいましたw

御祭神は祭神は、前述の通り天比理乃咩命・宇賀之売命・素戔嗚命です。

なんでも、時代は平安末期の1187年に源頼朝が
房総半島の先である安房国の洲崎神社から
天比理乃咩命を勧請して祀ったのが始まりとされています。

で、ご利益ですが
再生・再起
開運
海上安全
大漁安心
安産
商売繁盛
病気除け

となっています。

ちなみに、品川神社は都内に3ヶ所しかない
「双龍鳥居」
がある神社です。

残りの2つは
宿鳳山高円寺の境内にある稲荷社(高円寺)

馬橋稲荷神社(阿佐ヶ谷)
です。

本殿だけでなく稲荷神社や浅間神社など、
摂社もいくつかありますし、
境内も広いです。

まとめ

品川神社は私の中ではマイナーというか、
東京十社の一つに入っていなければ
訪れなかったかもしれない神社です。

が!

参拝した時には知らなかったのですが、
銭洗いとか、本殿の奥には板垣退助さんの
お墓があるということを知り(驚)

また行かねばと心を新たにした次第です。

ただ、次に行くなら東海七福神の御朱印が
欲しいので1月1日~15日の間ですねw