酉の市といえば?
やはり関東の三大酉の市が
有名ですよね。

中でも、
浅草の鷲神社
普通の大國魂神社。

そして!

新宿の花園神社!

浅草や府中に行くのは遠いけど、
新宿なら寄れそう♪
ということであれば、花園神社が
おすすめです。

熊手はもちろんなのですが、
屋台や前夜祭といった豆知識も
知っておきましょう。

スポンサーリンク

酉の市 花園神社 時間

花園神社の酉の市。
2018年の時間というか日程は?

一の酉 
前夜祭:10月31日(水)
本祭:11月1日(木)

二の酉
前夜祭:11月12日(月)
本祭:11月13日(火)

三の酉
前夜祭:11月24日(土)
本祭:11月25日(日)

前夜祭は夕方から午前2時頃まで
本祭はお昼ごろから午前2時頃まで

となっています。
本祭はもちろんなのですが、
前夜祭があるというのも?

花園神社ならではというか、
さすがっすという感じ(笑)

酉の市には60万人が訪れる
というほどの人気っぷりなんです。

私が行った時は夕方の5時とか6時頃?
でしたが、その時もすごい人でした。

屋台も出ますから、軽く一杯なんてのも
できますね(笑)

というか、本祭の時は昼から飲めますw

酉の市 花園神社 前夜祭

酉の市。
花園神社で狙い目なのは前夜祭
ですよね~。

もちろん新宿にはそこかしこに
居酒屋、飲み屋はたくさんあります。

が、神社の屋台で飲むビールも?
それはそれで、格別の美味しさ!

ということで、前夜祭の日は?
仕事を早めに切り上げて、
花園神社(の屋台)へレッツゴーw

ちなみに、前夜祭と本祭の違いは?
お囃子が披露されないことと、
本祭の日のほうが当然ながら、
人は多いです。

スポンサーリンク

あくまで前夜祭は前夜祭ですからね。

後夜祭は??

ありません(笑)

酉の市 花園神社 屋台

花園神社の酉の市では、約200もの
屋台が所狭しとならんで、
たくさんの人出を後押しというか。

にぎやかさを演出してくれます。

新宿は花園神社の酉の市の良いところは?
座って食べれる屋台が多い
ということでしょう。

もちろん、時間帯によって混雑うんぬんは
当然ありますが、やっぱりね~。

屋台でちょっと寒いぐらいの時期に
あったかいものを食べるっていうのは、
美味しいですからね♪

↑長居しすぎて風邪ひいたり
しないように(笑)

まとめ

花園神社の酉の市は広さも
規模もちょうどいいというか、
まあ、もちろん人は多いんですがw

浅草の鷲神社に比べればまだ、
余裕はあるという印象です。

浅草の鷲神社のほうはもう、
ごった返すという感じですからね。。

並ぶし。

ちなみに、わたし自身としては、
初めて東京に住んだのが練馬区でして。
(練馬区は桜台駅が最寄りでした)

で?

練馬にもあるんです。
大鳥神社の酉の市が。

↑ここはもっとこじんまりした
感じの酉の市なんですが、個人的には
こっちもおすすめですよ(`・ω・´)ゞ

というわけで酉の市。
毎年同じ神社へ行くのもいいですが、
違う神社へ巡ってみるというのも?

楽しいですよ♪