豊川稲荷東京別院。
本家の豊川稲荷@愛知県にはもちろん?

行ったことがありませんw
(大学時代、名古屋に住んでいたのに)

↑まあ~、大学生の頃に神社仏閣に
興味を持つかと言われたら、
そのほうが変w

で、赤坂にあるということでずっと
気にはなっていたものの、
赤坂氷川神社に行ったついでに寄ってみる
ことにしました(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

豊川稲荷東京別院 御朱印

豊川稲荷東京別院に行ったのは平日の
午後2時とかそのへん。

で、御朱印はすぐもらえた?
いいえ、すぐではありません。

とはいってもそんなに待たされる
ということではなく、受付に申し出て
約15分でできあがるということ。

ということで、境内をまわっていれば
15分なんてあっという間に過ぎますよ。

お稲荷さんということもありますが、
他の神社と比べてもだいぶ個性がある
というか、独特な雰囲気があります。

他の参拝者の方の様子もどことなく
「ガチ感」
が漂うというか。

あ、もちろん私のような御朱印目当ての
女性もちらほらでしたがw

豊川稲荷東京別院 御朱印帳

豊川稲荷東京別院の御朱印帳は?
けっこういろいろな種類がありましたが、
一番人気は夏季限定の
「金魚の御朱印帳」
のようですね。

で、妙厳寺こと豊川稲荷東京別院の
職員による『非』公式ブログ
があります。

https://toyokawa-tb.blog.so-net.ne.jp/
ここで発表されていたのですが、
2019年は7月1日に頒布開始が可能
になりそう!

ということで正式決定ではありませんが、
金魚の御朱印帳が欲しいという場合は
7月まで待ちましょう(笑)


スポンサーリンク

豊川稲荷東京別院 縁切り

豊川稲荷東京別院でのご利益の一つに
「縁切り」
があるそうで。

私は予備知識0で行ったのでそんなことも
つゆしらず、行ったのですが。

特に縁切りしたい人もないので(笑)

↑平和ですw

で、境内にまつられている
「叶稲荷」
という神様がもたらしてくれるのが
縁切りのご利益ということで。

ご利益というとやっぱり縁結びが
人気ですけど、縁切りも重要ですよね。

縁結びが攻めとすれば、
縁切りは守りという感じでしょうかw

でもまあ、身体と一緒ですよね。
デトックスでまずは悪いものを出す

良いものを入れる(笑)

というわけで、もっともっと
縁切りがフォーカスされてしかるべきだよね
なんてことを思ったりした令和元年ですw

まとめ

豊川稲荷東京別院って、
行ってみて分かったのですが
他の神社とは全然雰囲気が違います。

でも、それもそのはず。

豊川稲荷は愛知県豊川市豊川町にある
曹洞宗の寺院(=お寺)の分霊を
東京でもお祀りしています。

なので、今では珍しい神仏習合の
建物と言えるかもしれませんね。

とはいっても、江戸時代の頃までは
神社もお寺も区別なく一緒に
祀っていたということを考えると、
そういうもともとの文化に戻しても
いいんじゃね?

だってもう、平成終わって令和だし
なんてことを思ったりもしてみましたw