二十日大根(はつかだいこん)は実は和名で、
ラディッシュと言います。

アブラナ科なので虫は多少つくものの、
栽培期間が短いので育て方が簡単
というメリットがあります。

家庭菜園初心者でも気軽に始められるのが
二十日大根なのですが、そうはいっても
育て方の手順を知らないと話が進まないので。

見ていきましょう。

スポンサーリンク

二十日大根の育て方の手順

二十日大根は種蒔きから30日前後で収穫が
できてしまう、なんとも手軽な野菜。

育て方の手順としては?

いきなり種まきするわけにも
いかないので、まずは土づくり

・種まきの3週間前に堆肥
・種まきの2週間前に石灰
・種まきの1週間前に元肥

を入れて耕しておきます。
(※pHは5.5〜6.5が目安)

肥料は窒素・リン酸・カリを
バランス良く施すのがいいでしょう。

具体的なものをあげるならこれ。

住友化学園芸 マイガーデンベジフル 1.6kg

その後、種まきして

防虫ネットを掛けて外注対策をして

間引きをして

収穫

という流れ。

二十日大根の育て方 プランター

二十日大根は育てやすいのが特徴というか
なので人気というか。

小さいプランターでも丈夫に育って
くれるので、家庭菜園初心者なら
こういう簡単に育ってくれる野菜を
選びましょう(笑)

ちなみに、プランターは小型(20~40センチ)
以上のものを利用するようにしましょう。

土は?
用土は市販の培養土を利用すると楽ちんです。

培養土 花 野菜用

自分で用土を作る場合は
赤玉土6:バーミキュライト2.5 :砂1.5
これに石灰を用土10ℓ当たり10
と化学肥料を用土10ℓ当たり10g
混ぜ合わせます。

私は市販の培養土で十分です(笑)


スポンサーリンク

二十日大根の育て方 牛乳パック

二十日大根のすごいところは?
牛乳パックでも栽培ができてしまう
という点!

つまり?
夏休みの自由研究のテーマにも
できちゃうんじゃね?
っていうほど。

とはいえ、さすがに真夏は栽培には
適していません。。
(さすがに暑すぎる。。)

ラディッシュは発芽適温15~25℃
生育適温15~20℃です。

また、牛乳パックで育てる場合は
水やりが重要ですが、
害虫が忍び寄る間もなく収穫に至るので、
虫が苦手なママでも大丈夫です!

↑たぶん(笑)

まとめ

二十日大根の育て方って、
ほんと簡単すぎてもはや偉大というか。

ベランダ家庭菜園でもできる
というのが良いですね♪